ホーム > 暮らしの情報 > 相談 > 消費生活 > 木製ベビーベッドの収納扉が不意に開き乳児が窒息する重大事故が発生!

木製ベビーベッドの収納扉が不意に開き乳児が窒息する重大事故が発生!

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2019年11月21日

木製ベビーベッドの収納扉が不意に開き乳児が窒息する重大事故が発生!

 下部に扉付きの収納部分があり、床板の高さを調整できる木製ベビーベッドの使用中、収納部分の扉が不意に
開いたために、乳児の頭部が敷具と収納部分の上枠の隙間に挟まって窒息し、死亡あるいは重体に陥ったという
重大事故等が令和元年6月及び9月に2件発生しています。
 この事故は、安全基準に適合したマーク(PSC、JIS又はSG)が貼付された製品でも、収納部分の扉のロックを完全
に掛けなければ発生する可能性があります。
 取扱いにご注意ください。

  詳しくはこちらへ ⇒ 消費者庁
 
    市川市消費生活センタートップページ
 
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 総合市民相談課 消費生活センター
〒272−0033
千葉県市川市市川南1丁目1番1号 ザ タワーズ イースト213号(2階)
 相談室 電話:047−320−0666(相談受付は午前10時から午後4時まで)
 事務室 電話:047−320−0668 FAX:047−320−0669