ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療・福祉 > 新生児聴覚検査の公費助成がスタートしました!

新生児聴覚検査の公費助成がスタートしました!

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2020年4月1日

令和2年4月1日より新生児聴覚検査の公費助成を実施しています。

生まれてくるあかちゃんのうち、耳のきこえに障がいをもつあかちゃんは、1,000人のうち1〜2人
言われていますが、早期に発見され、適切な療育を受けることで、あかちゃんの言語発達への影響が
最小限に抑えられることがわかっています。
市川市では、令和2年4月1日より、新生児聴覚検査の費用の一部助成を実施します。
大切なあかちゃんのために検査を受けましょう。
 

対象となる方

市川市に住民票があり、令和2年4月1日以降に生まれた原則生後1か月以内のあかちゃん
 

受診時期と回数

原則生後1か月以内に1回(再検査含む)
 

検査内容

自動ABR(自動聴性脳幹反応検査):小さな音を聞かせて脳の反応を見る検査

OAE検査(耳音響放射検査)   :小さな音を聞かせて内耳から返ってきた反響音を調べる検査

※いずれの検査もあかちゃんが眠っている間に行う検査で、痛みはなく安全です。
※検査の種類は医療機関により異なります。
※検査は通常、分娩した医療機関で入院中に行われます。聴覚検査を実施していない医療機関で分娩する
 場合は、お問合せください。
 

公費助成額

検査1回につき3,000円を上限に助成します。

※検査費用は病院により異なります。
※上限を超えた場合、その費用は自己負担となります。
 

受診票の交付

母子保健相談窓口(アイティ)にて母子健康手帳を交付する際に、母子健康手帳の別冊(市川市新生児聴覚検査受診票)をお渡しします。
新生児聴覚検査を受診される際に、お使いください。

令和2年3月31日までに母子健康手帳の交付を受けた方で、令和2年4月1日以降に出産予定の方には、
 新生児聴覚検査受診票をお渡しできていないため、市内契約医療機関または保健センターでの交付となります。

 市内契約医療機関で新生児聴覚検査を受診される方 →契約医療機関での交付となります。

 市外(契約医療機関外)で新生児聴覚検査を受診される方 →各保健センター償還払い申請時に交付します。
 
 

契約医療機関

※受診できる方は契約医療機関で出産した方のみとなります。

契約医療機関外での出産される方は、償還払いとなります。

 
医療機関名 住所 電話番号
東京歯科大学市川総合病院 菅野5-11-13 047-322-0151
医療法人社団三世会 大高医院 真間3-10-8 047-322-2856
寺島医院 新田4-15-21 047-376-2115
医療法人社団 わたなべ医院 奉免町201-5 047-339-7033
川嶋レディースクリニック 妙典5-7-9 047-701-0303
医療法人社団 凌雲会 根本産婦人科医院 行徳駅前2-26-16 047-396-3363
えんぴつ公園マザーズクリニック 相之川3-1-14 047-701-0171




 

契約医療機関以外で新生児聴覚検査を受診される方へ

契約医療機関以外で検査を実施した場合は、償還払い制度(払い戻し)により助成します。
償還払い制度については、こちらをご覧ください。
 

問い合わせ先

市川市保健センター健康支援課  電話)047−377−4511
南行徳保健センター          電話)047−359−8785
 
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 保健部 保健センター 健康支援課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目18番8号
電話:047-377-4511 FAX:047-316-1568