ホーム > 市政情報 > 市政の運営 > 方針・計画 > 次期総合計画の策定について、市川市総合計画審議会へ諮問しました

次期総合計画の策定について、市川市総合計画審議会へ諮問しました

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2020年12月9日
当日の様子
市川市は、「市川市総合計画I&Iプラン21」の基本構想に示されている将来都市像「ともに築く 自然とやさしさがあふれる 文化のまち いちかわ」を実現するため、第二次基本計画に基づき、様々な取り組みを実施してきました。
第二次基本計画は令和2年度に計画期間満了となりますが、価値観が大きく変容していくことが予想される中、次期計画の策定にあたっては、これまでの延長ではなく、目指すべき将来都市像を明らかにし、適切な施策を盛り込んでいくことが重要です。
そこで、諸課題を多面的に検討するため、総合計画審議会から建議等を踏まえ、おおむね2年程度の見極めの期間を設けることとなりました。
 
このため、令和2年10月23日、令和5年度から開始予定の次期計画の策定について、総合計画審議会へ諮問しました。
※「諮問」とは、有識者で構成された審議会などに、意見や見解を求めることです。

参考資料


関連リンク

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 企画部 企画課
〒272-8501
千葉県市川市八幡1丁目1番1号
電話:047-712-8591 FAX:047-712-8763