ホーム > 文化・観光・国際情報 > 国際交流 > 交流都市 > イッシー・レ・ムリノー市

イッシー・レ・ムリノー市

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2019年11月5日

フランス共和国イル・ド・フランス地域圏オー・ド・セーヌ県イッシー・レ・ムリノー市

イッシー・レ・ムリノー市の概要

 イッシー・レ・ムリノー市はセーヌ川の中流に位置し、首都パリの南西部に隣接しています。

 かつて、軍事工場を中心に産業発展を遂げたイッシー・レ・ムリノー市は、1970年代に都市の空洞化に見舞われました。しかし、1980年代から情報通信技術の発展に力を入れると同時に、企業誘致にも積極的に取り組んだ結果、人口を上回る雇用と人口増加を生み出し、豊かな街へと生まれ変わりました。

 同市は緑溢れる新しい街づくりを目指しており、19世紀に戦火の中心となった軍事要塞は住居・商業・公共施設を備えた革新的な地区へと形を変えました。また、海外都市との交流も盛んで、文化交流や青少年交流を中心に世界10以上の都市と活発な交流を続けています。年間を通して市民が楽しめるイベントも多く催されており、そこに住む人たちを魅了しています。

イッシー・レ・ムリノー市の位置
Information

面積
4.25平方キロメートル

人口
約6万5千人

交通
シャルル・ド・ゴール空港から車で1時間パリ市内からは鉄道やバスなど約20路線が乗り入れている

時差
日本との時差はマイナス8時間サマータイム実施期間中はマイナス7時間

イッシー・レ・ムリノー市の風景

【近代的な街並み】パリとの玄関口には高層ビルが立ち並ぶ
【セーヌ川】豊かな自然が街を彩る
【イッシー・レ・ムリノー市庁舎】市の歴史遺産
【M6 Live】毎年夏至の日に開催され多くの観衆を集める
【Espace Ludique】おもちゃやゲームが備えられた子供たちの遊び場
【Fort d'Issy】再開発で生まれ変わったかつての軍事要塞

■イッシー・レ・ムリノー市 紹介ビデオ

    

締結までの経緯

 市川市とイッシー・レ・ムリノー市は、共に東京とパリという首都に隣接している点のほか、ICT(情報通信技術)を積極的に取り入れたことなどの共通点もあり、2009年(平成21年)に交流をスタートさせました。

 その後、2011年(平成23年)9月市議会定例会において、より積極的な両市の交流を求める「イッシー・レ・ムリノー市との都市締結に関する決議」が可決されました。

 この決議を受け、両市及び両市市民が相互理解を深めていくことを目的に、2012年(平成24年)6月市議会定例会において、パートナーシティ締結についての議案が可決されました。

 そして、2012年10月イッシー・レ・ムリノー市において、駐フランス日本大使のほか両市市民が見守る中、盟約書に署名を交わし、両市はパートナーシティを締結しました。

※「パートナーシティ」とは?
 パートナーシティとは、市民や市民団体を主体とする交流を基本とし、姉妹都市や友好都市のようなあらゆる分野の交流ではなく、特定分野に限定した交流を推進する都市締結をいいます。

 市川市とイッシー・レ・ムリノー市は、『ICT施策』のほか、『花と緑の街施策』、『文化・芸術』を交流分野とし、自治体間交流だけでなく、青少年及び市民主体の交流を促進するため、パートナーシティを締結しました。

イッシー・レ・ムリノー市で行われた調印式

公式代表団と市民親善訪問団の相互訪問

 両市は盟約書に基づき、自治体間交流及び青少年並びに市民交流を推進していきます。

 2012年10月のパートナーシティ締結時には、公式代表団のほか、市民親善訪問団として公募で集まった18名の市民もイッシー・レ・ムリノー市を訪問しました。調印式のほか、市内にあるトランプ博物館、特異地形を利用した歴史あるワイン貯蔵施設を視察しました。

 2013年(平成25年)7月には、イッシー・レ・ムリノー市から市長をはじめとした公式代表団7名が市川市を訪れ、交流分野に関する視察を行いました。両市の実務担当者が参加した会議も開かれ、今後の具体的な交流について協議しました。

 また、市民訪問団16名も初めて市川市を訪れ、市川市国際交流協会が企画した「日本文化体験」に参加しました。

実務者会議の様子
浴衣を着て書道に挑戦するイッシー・レ・ムリノー市民

イッシー・レ・ムリノー市紹介パンフレット

 市川市のパートナーシティであるイッシー・レ・ムリノー市を紹介したパンフレットです。是非ご覧ください!

 ※)パンフレットはA4が2枚、A3が1枚のPDFファイルになります。
 ※)ファイルサイズは約3.8MBあります。ご注意ください。

イッシー・レ・ムリノー市紹介パンフレット (別ウィンドウで開きます)

イッシー・レ・ムリノー市壁紙ダウンロードのページ

 イッシー・レ・ムリノー市の風景、建物、人物の画像を、壁紙用画像としてご用意いたしました。これからも、イッシー・レ・ムリノー市のすばらしい画像を掲載していきますので、是非壁紙としてご利用ください。

 ※イッシー・レ・ムリノー市以外の壁紙用画像も掲載されています。


壁紙ダウンロードへのリンク

いちかわ国際交流ガイド

 市川市が行なっている国際交流に関する取り組みについて、市民の皆様により詳しく知っていただくために、「いちかわ国際交流ガイド」を作成いたしました。是非ご覧ください!

いちかわ国際交流ガイド

過去の交流履歴

イッシー・レ・ムリノー市との過去の交流履歴は、次のとおりです。

 令和元年度
  ・千葉商科大学付属高等学校とイオネスコ高校の学校間交流 イオネスコ高校生来市

 平成30年度
  ・ジャポニスム2018にて行徳神輿を紹介しました
  ・千葉商科大学付属高等学校とイオネスコ高校の学校間交流 イオネスコ高校生来市
  ・第6回日仏自治体交流会議

 平成29年度
  ・千葉商科大学付属高等学校とイオネスコ高校の学校間交流 イオネスコ高校生来市
  ・日本庭園技術研修生の来市
  ・千葉商科大学付属高等学校とイオネスコ高校の学校間交流 イッシー・レ・ムリノー市訪問

 平成28年度
  ・第5回日仏自治体交流会議

 平成27年度
  ・【開催報告】パートナーシティ交流事業「石川暢子の世界展 日本のジュエリーアーティスト」
  ・イッシー・レ・ムリノー市の日本庭園「市川庭園」竣工

 平成26年度
  ・第4回日仏自治体交流会議

 平成25年度
  ・イッシー・レ・ムリノー市訪問団の来市

 平成24年度
  ・イッシー・レ・ムリノー市とパートナーシティを締結

 平成21年度
  ・市川市代表団のイッシー・レ・ムリノー市訪問

 平成20年度
  ・イッシー・レ・ムリノー市長の来市
 
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 企画部 国際政策課
〒272-8501
千葉県市川市八幡1丁目1番1号
電話:047-712-8590 FAX:047-712-8763